agartha

晴耕雨読 日日是好日

日本酒について1

日本酒にもいろいろと話があるけれど、醸造アルコールの添加で意見が分かれるところのようだ。

もともと日本酒は元来、米、米麹、水を原料として作られていたのが、だんだんとアルコールを添加されるようになった。

添加することで、酒質が安定したり味がクリアになったり、劣化しにくくなったりというメリットもあって、「柱焼酎」という手法で知られている。

アルコール添加といっても今のような純度の高い醸造アルコールではなくて、米や酒粕を使用した今でいうところの本格焼酎(または焼酎乙類、単式蒸留焼酎)を添加していた。

それが昭和に入って、戦争に突入した日本は、酷寒の戦地に居る兵士達におくる酒を作るための原料が手に入らなくなってきたために、お酒の生産量を増やすために三倍増醸酒(三増酒)という手法が生まれた。

つまり、普通に作ったらあまり量ができないので、アルコールを混ぜてかさを増そうとしたというわけ。

それからはどんどんエスカレートして、ブドウ糖・水飴・コハク酸・乳酸グルタミン酸ソーダ、生酒用にリンゴ酸、涼感を与えるためにクエン酸まで加えるようになったようだ。

様々なものが添加されていって、本来の日本酒の美味しさからかけ離れていったあげく、またシンプルなものに戻っているのだと思うけれど、かさを増す(しかも3倍にも)素敵な魔法からはなかなか抜け出せないんじゃないかと思う。そう、儲かるから。

でも、醸造アルコール以外にもまだいろいろとあるようで、それについてはもうすこし調べないといけないな。

広告を非表示にする