agartha

晴耕雨読 日日是好日

自律神経失調日記

2月中旬に体調を悪くして、いろいろ検査したり経過をみたりで「自律神経失調症」ということになりました。 この「自律神経失調症」の症状は様々で、人によっていろいろありそうなので、ひょっとしたら僕の症状をかいておくことで、誰かの助けになるのかも!…

ルーズベルトに与うる書

この時代の人々が皆割と正確と思われる考えを持っていたのであれば、それがどのような教育をもってなされたかというのにとても興味があるし素晴らしいことだと感じる。 今の世を見てみると足の引っ張り合いや、出る杭の打ち合いのような状況が巷にあふれかえ…

誠意

誠意がないなぁと思ってしまう出来事が、最近よく目につく気がする。 偉い人から普通の人まで、あちこちに蔓延る誠意のない態度・行動なんだか寂しくなりそうになる。 が、負けずに気にせず前に進まないと! やらかしてしまう行為・行動そのものもまぁひどい…

生きること

今やれる事を楽しんで、とにかくやる。 今居る場所は、何か理由があって居る場所。 なぜかはまだ、わからない。 ずっとわからないかもしれない。 でも、必要があるからここにいる。 なにをすべきかは、 風が教えてくれるのか 太陽が教えてくれるのか 鳥が教…

東條英機元首相 公的遺書 全文

開戦当時の責任者として敗戦のあとをみると、実に断腸の思いがする。今回の刑死は個人的には慰められておるが、国内的の自らの責任は死を以て贖えるものではない。しかし国際的の犯罪としては無罪を主張した。今も同感である。ただ力の前に屈服した。自分と…

思考の違い

さてはて、どうしてこういう発言をさらっとしてしまうのか。 そして、こういう人たちが上にいるということの影響力はどんなものなのか。 そして、こういう考えは上の人だけなのか。。 ** 「人口が手に負えなくなったら、エルサルバドル、イラン、レバノンの…

テモテへの第二の手紙 3章1-2

僕はキリスト教ではございませぬが、真理は同じ。 ** 終わりの日には困難な時代がやって来ることをよく承知しておきなさい。 そのときに人々は、自分を愛する者、金を愛する者、大言壮語する者、不遜な者、神をけがす者、両親に従わない者、感謝することを…

日本人にとっての日本人

よく言われることですが、日本人は『日本人』を取り戻す必要がある。それは「昔に戻る」でも「退化」でもなく『新日本人』という感覚。 昔の技術やモノを、今風に蘇らせる・新しく生まれ変わらせるということがよくあるけれど、日本人そのものにもそれを適用…

グローバルな人間って何ですか?

何だかよくわかりませんが、僕みたいに勘違いしている人も多いのではなかろうかと思います。 「グローバルな人間」 おそらくは、英語が喋れることではないと思います。学歴・地位が高いというのでもないかと思います。 うまく言えませんが、どんな国、どんな…

地球に優しい選択

エコな人は、地球に優しいものを購入し、リサイクルに力をいれて生活しているわけだけどそこにもう一点加える必要がありそうだ。それは、その一歩先に目を向けること。例えば購入しようとしているものが、どのように作られたのか、どのような環境で作られた…

常識と非常識

常識というのはいろんな種類があるようで、歴史の中で磨かれてきたものもあれば、誰かに都合の良いものもあるらしい。 がむしゃらに破る・無視するのでは良くないのできちんと考えた上で、守る・破るを選んでいけば良いと思う。 選ぶのは、自分の中の本当の…

基本のルール

・外でゴミを出さないゴミを出しても、持って帰る。・100円均一でモノを買わない安い製品は、誰かが泣いている可能性がある誰か苦しめてまで、良い思いをしたくない・一生使うつもりで、モノを買う・リサイクルの一歩先を見るリサイクルはやって当たり前。ゴ…

食べ物に関するルール

工場で作られた惣菜は食べない食べ残しをしない動物の命を奪って作ったモノを食べない

見栄は張らないように。背伸びしすぎず、自然体で。

何かしなくちゃ!と気負うばかりで結局何もできないなんていうアホなスパイラルから抜け出すためにまずは身のまわりから変えていこうと思う。 自分自身を変えることが何より大切で、絶対に世界を変えることに繋がる。 ** 今考えたいのは「すぐに始められる…

大きさとか順番とか、そういうものは意外とあべこべで順序だっている。

ミクロがマクロを内包して、それをマクロが包み込む。 表は裏であり、表でもある。 人間は宇宙で、宇宙が人間。 人間の中から宇宙を眺め、そこに生きる人間を宇宙が見守る。 そういうこと。

戦争

非国民と呼ばれようが 戦争をするつもりはない。 どんな正義を振りかざしたところで、正しいなんてことはないのだから。 聖戦なんかない。

手放すこと

自分が怖がる事、恐れる事、苦手な事 一つ一つ恐怖心を手放していくことを、ゆっくりでも進めていくことが 自分を高めていく近道。 自分が思っている自分、それは本当の自分からかけ離れている事が多い。 そのかけ離れた自分のイメージは、恐怖心が作り出し…

批判も大切だけど

批判も大切だけど、批判は容易い そして、その対立し合っている構図は、誰かが望む構図。 批判してる場合じゃない、なんとかしよう。 なんとか? なんだろね

苦手な人、嫌いな人を遠ざけてしまうのは、実はもったいない事なのかもと思った。

苦手な人、嫌いな人を遠ざけてしまうのは、実はもったいない事なのかもと思った。 自分の周りを都合の良い人々で固めてしまう事 それは楽で楽しい環境かもしれない。 でも、問題解決にもなっていないし、どこにも進んでいかない。 自分に与えられたものが、…

本当に価値があるもの

本当に価値があるものを見極めるのは難しい。 通り過ぎたり、失ったりして 初めて氣がつくのは あまりにも愚かで。 無くしてしまったことで起こる欠落感はとてつもない。 当たり前のこと(や、そう思い込んでいること)を見直していかないといけない。 大切…

いろいろな悪いニュースがあるけれど

もう、日本に未来は無い ではなくって 日本に未来が無い と、見限る自分がいるだけ というような氣がした。 うまくいえないけど、そんな感じ

国柄探訪: 外国人の見た「大いなる和の国」

■1.スクランブル交差点での傘の群舞■ 高層ビルのレストランで、アメリカから来た老夫妻との食事を終えて、廊下に出ると、雨が降り出していた。廊下から外を見下ろすと、そこはハチ公広場前の大きなスクランブル交差点で、信号が青になると色とりどりの雨傘…

祈り

祈りに使うセージも、アマゾンで買うということをした時点でその神聖さは半分失われてしまっているんじゃないかと思った。 あるいは、そんな細かいことまで氣にする必要もないのかもしれないけど。それこそ手軽に便利に、良いことを受けようということだと思…

僕たちは、植物の種の一つも作ることができない。やっていることは、既にある種という命をいじくって改造するだけ。 それをさも、生命を作り出すことができることのように勘違いするのはちょっとまずい。 科学は万能じゃなくって、命は化学式じゃなくって、…

何が本当か。

何が本当の幸せで 何が本当の優しさか。 それをきちんと理解していないと、他人まで巻き込んで不幸にしてしまう。

ローリン・ヒルに陰謀論再教育の裁判官命令

ゆっくりしていられないと思う。 これは他の国の話じゃなくって、じりじり自分の身に迫ってくる問題。 http://www.abovo.jp/?p=790からの引用です。 「ローリン・ヒルに陰謀論再教育の裁判官命令」 歌手がカウンセリングを受けるよう命じられた「陰謀論」~…

エゴと欲望

エゴで動いている間は、宇宙のエネルギーが注がれることはない。愛で動いていると、無尽蔵なエネルギーの流れがやってくる。 僕の音楽作りは、きっとエゴが先行している。もっと純粋にいこう。もっと奥底の喜びのエネルギーが隠れているから。

良いもの 道を選びとること

辛い道を選ぶ訳ではないガマンですら無い禁欲でもない 今、世の中にはびこる常識は作られたものだから 戦後に作られた日本のことはあまり信じないでいよう。 知らない間に壊されて、作り替えられたものが多いから そして存在も知らないまま消えていく ひとつ…

今日も明日もあさっても

当たり前にやってくるものはない。 5分後にこの世界は塵と化すかもしれない。 今ここにある瞬間を 空気を 空間をきっちりと感じながら意識して生きること。それがものすごく大切なことだと思う。

お金

どうしてお金が必要なのか どうしてお金を必要だと思うのか そんなに必死で生み出さないといけないものなのか