読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

agartha

晴耕雨読 日日是好日

基本のルール

・外でゴミを出さない
ゴミを出しても、持って帰る。

・100円均一でモノを買わない
安い製品は、誰かが泣いている可能性がある
誰か苦しめてまで、良い思いをしたくない

・一生使うつもりで、モノを買う

・リサイクルの一歩先を見る
リサイクルはやって当たり前。
ゴミを出さない工夫を考える。

食べ物に関するルール

  • 工場で作られた惣菜は食べない
  • 食べ残しをしない
  • 動物の命を奪って作ったモノを食べない


見栄は張らないように。背伸びしすぎず、自然体で。

何かしなくちゃ!と気負うばかりで結局何もできない
なんていうアホなスパイラルから抜け出すために
まずは身のまわりから変えていこうと思う。

自分自身を変えることが何より大切で、絶対に世界を変えることに繋がる。

**

今考えたいのは
「すぐに始められる、サスティナビリティな生き方」

よく世間で耳にすることから、半歩踏み出したものが良いと思う。

未来の世界に、ルールや法律、警察は必要ないと思うし
そうであってほしい。

みんなの意識が高まって、そういったものが必要ないという世界。

でも、そうなる前の世界には必要なルールもあると思う。
自分に課すルールを決めよう。

大きさとか順番とか、そういうものは意外とあべこべで順序だっている。

ミクロがマクロを内包して、それをマクロが包み込む。

表は裏であり、表でもある。

人間は宇宙で、宇宙が人間。

人間の中から宇宙を眺め、そこに生きる人間を宇宙が見守る。

 

そういうこと。

戦争

非国民と呼ばれようが

戦争をするつもりはない。

どんな正義を振りかざしたところで、正しいなんてことはないのだから。

聖戦なんかない。

手放すこと

自分が怖がる事、恐れる事、苦手な事

一つ一つ恐怖心を手放していくことを、ゆっくりでも進めていくことが

自分を高めていく近道。

自分が思っている自分、それは本当の自分からかけ離れている事が多い。

そのかけ離れた自分のイメージは、恐怖心が作り出した幻の自分。

恐怖心を取り除けば、後は宇宙のエネルギーでどんどん前に進んでいける。

 

楽しい人生を 手に入れる。

批判も大切だけど

批判も大切だけど、批判は容易い

そして、その対立し合っている構図は、誰かが望む構図。

批判してる場合じゃない、なんとかしよう。

 

なんとか?

なんだろね

苦手な人、嫌いな人を遠ざけてしまうのは、実はもったいない事なのかもと思った。

苦手な人、嫌いな人を遠ざけてしまうのは、実はもったいない事なのかもと思った。

 

自分の周りを都合の良い人々で固めてしまう事

それは楽で楽しい環境かもしれない。

でも、問題解決にもなっていないし、どこにも進んでいかない。

 

自分に与えられたものが、自分の魂の進化に繋がる為のものだとしたら

その進化を止めてしまう事になる。

 

もし、どうやって実現するかはわからないけれど、苦手じゃなくなったり、嫌いじゃなくなったりすれば、それはすばらし事だし。

相手を都合良く変えてしまう ではなく、どこか氣持ちの妥協点や合意点(何て言うたらいいかわからんけど)そんなものが見つかったら、氣持ちはかなり楽になるんやろうに。

本当に価値があるもの

本当に価値があるものを見極めるのは難しい。

通り過ぎたり、失ったりして 初めて氣がつくのは あまりにも愚かで。

無くしてしまったことで起こる欠落感はとてつもない。

 

当たり前のこと(や、そう思い込んでいること)を見直していかないといけない。

大切な物はなにか…

きっと本当の自分は知っているはずだけど、その他のことに目を奪われ 思考を奪われて

氣付けないでいる。

いろいろな悪いニュースがあるけれど

もう、日本に未来は無い ではなくって

日本に未来が無い と、見限る自分がいるだけ

 

というような氣がした。

うまくいえないけど、そんな感じ